過ごしやすい環境にするため、ソーラーシェアリングなどを設置。

設置するだけで多くの利益が得られる太陽光パネル

どういうものか

家を建てる前に地盤調査を行っておく事で地震に対応した家作りをすべきかを知ることが出来ます。まずは調査を依頼してみましょう。

ソーラーシェアリングとは何であるのか

自然エネルギーという言葉と概念は、地球温暖化や化石燃料の枯渇問題と同じくらいに、広く周知されてきています。 さらに太陽光発電という機器が、個人の住宅に設置するということが一般的になりつつある近年では、ソーラーシェアリングという存在もあるのです。 農地に支柱を立て太陽光パネルを設置することにより、下では農作物を作りながら上の方では太陽光発電を行います。 農作物にとって、強すぎる光はストレスにもなるのです。 太陽光パネルによって遮られても、農作物の成長に影響が出ないように考えられています。 このソーラーシェアリングは、日本の農業の諸問題を解決できるとして、期待されているシステムでもあるのです。 日本の狭い国土では、太陽光発電のためだけに土地を用意するというのは、難しいものがあります。 しかし、農地を上手く利用することで、営農と発電といった両方の問題が解決できるのです。

協会の発足された理由

2013年に、農水省から営農を続けながら太陽光発電設備の農地転用についてのガイドラインが公表されました。 一般社団法人ソーラーシェアリング協会は、適切な施工と普及のために発足したのです。 広報活動が主な活動内容の、公益事業になります。 農業従事者といった専門職のみならず、一般的なサラリーマン家庭や都心に住んでいる住人のためのレクリエーションとしての小面積の農地を、貸し出すレンタルファームを行っているのです。 この活動は、農地としては使われていなかった土地を利用することにより、農業への理解と親しみを持ってもらうことを目的としています。 レンタルファームは、誰もが気軽に楽しむことのできる農業と協会が推進するソーラーシェアリングの融合で事業化するのです。 貸し出す土地は、ソーラシステムの下にあり料金は低価格かもしくは、無料になるかもしれません。 食品の安全性を問われることが多い時代に、自分自身で農作物を育ててみるのも楽しいです。

  よりよく便利にする

最近、話題となっているソーラーシェアリング。どういうものかというと、農地に太陽光発電システムを設置する、ということです。設置するときにかかる費用は、約155万といわれています。

  調査内容について

地盤調査を行うことによって、建物が傾くことなく安全に建築できるかを知ることができます。物理検査やサンプリング、地下水の調査、サウンディングなど、様々なことを調査していきます。

  詳しく知っておく

地震によって建物が崩壊してしまうことがあるので、地震対策をする必要があります。しかし、地震対策をするのであれば、自分が住んでいる場所の地層がどうなっているかなど、把握しておく必要があります。

費用の目安

地震がおきたとき、建物が倒れないかなどを把握したいのであれば耐震診断をする必要があります。業者へ依頼をすることで耐震診断をしてもらえるのですが、簡易か一般的な方法かでかかる費用が異なります。

設置するなら

自宅や事務所などにシャッターを設置することで防犯対策になるため、設置を考えている人が多いでしょう。一般的なシャッターであれば約30万、電動シャッターであれば約50万と、料金が変動するので注意しましょう。